So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

フランス最後の日々 [暮らし]

久々に、フランス最後の日々の話をしたいと思います。

留学最後の思い出を作ろうと、親子三人でフランス旅に出かけた我われは、ディジョン最終日は聖堂に行き、

DSC04313.JPG
視線の先には…

DSC04312.JPG
こんなものがいたりして

左手でなでると幸せになると言われているふくろうを見て(もちろん撫でもしました)

DSC04315.JPG
(撫ですぎでつるつるです)

曜日限定、要予約(2008年10月)の市庁舎の塔ツアーに参加しました。えらく長い階段を登れば、ディジョンの街並み一望スポット。

P1010101.JPG
下からだと一部しか見えませんが、ブルゴーニュでよく見かけたモザイク屋根も、上からなら思う存分(?)満喫できます。

さらにもうひとつ別の教会を見学し、食事&お茶をしたあとで、夕方にはパリに戻りました。

懐かしい我が家にて。ゴソゴソと何かしてるなと思ったら…見つけたようです。

DSC04327.JPG
これのせいで旅の大幅な変更を余儀なくされた国際免許。
「ほらやっぱりスーツケースの中だった」って言われても、ねぇ…(汗)。

その後はオペラ・ガルニエのボックス席でバレエを見たり

DSC04328.JPG

それなりにイベントもこなしつつ数日過ごしましたが、やはり基本は帰り支度。壊れているものがないか、汚れているところはないかをチェックする大家さんによる部屋の現状検分Etat des lieuxも一大イベントでしたが(なぜなら凝り性の母が台所の壁を磨き始めたら止まらなくなったから)、一番大変だったのがパッキングでした。

でも、たとえスーツケースの1/2がふさがるとしても、捨てて帰るわけにはいきません↓。

DSC04336.JPG
ベッドサイドの冷たい北壁を2年間守ってくれたシャチくん。
腰痛持ちの夫の抱き枕の代わりも果たしていました。

自力で持ち帰れる荷物は、3人でスーツケースに70キロ+手荷物30キロの計100キロ。

クロネコヤマトで50キロ、郵便局の船便で35キロの本を送ることにしたので、あとの荷物は自分たちで持って帰れるかもとも思ったのですが、母の薦めにしたがって、さらにコリッシモ(絶対に時間通りに着かないことで定評のある郵便局の航空便)で6箱42キロ分の荷物を送ることにしました。

日本からは帰国時に捨てても惜しくない服を厳選して持ってきたので、服も大してないし、あとは日本に帰ってすぐに必要になる可能性の高い本と、郵送が怖いワレモノを3つのスーツケースにつめればいいだけ。

もう少し郵便で送った方がいいのではという両親の忠告を聞き入れず(というのも、大半の荷物は送っていたので、洗濯物を除くと、郵送中に紛失したら本当に困るものとかワレモノしか手元に残っていなかったからです)、プラス5キロくらいは大目に見てもらえるだろうという下心アリで、スーツケースはトータルで75キロちょい、そして手荷物を大目な感じに荷物を調整し(手荷物の重量はMax10キロですが、大きさチェックはあるものの、重量チェックはほとんどされません)、完全帰国に備えたのでした。

(つづく)
前の1件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。